フォニックス を用いて、英語発音の最適化 にチャレンジしてみましょう。

フォニックス (Phonics): 音声学 (Phonetics) の基礎。英単語を分解し、最小単位の音(音素)から英語の発音を体得する方法。子供英会話に取り入れられています。

T /ˈtiː/ の英語音声・発話をマスターしよう

フォニックスでの T は、 舌先を上の歯茎の裏に当て舌をはじき出すように トッ と短い音を作ります。
T は 溜めた空気を破裂させるように発音する 破裂音(plosives – 閉鎖音とも言います)。 短く、勢いのある音です。  音声学では この舌の動きを Flap (or Tap) といいます。

In phonetics, a flap or tap is a type of consonantal sound, which is produced with a single contraction of the muscles so that one articulator is thrown against another. (Wikipedia)

T の舌先の 位置は T (無声子音)の 有声子音 である D、そして N と同じです。
確認してみましょう – Tip – Dip – Nip。

有声子音 (Voiced consonant): 声帯を震わせる子音 例) 「か (KA) 」(無声子音)を 声帯を震わせると 濁音となり、 「が (GA)」 の音になる。

* 青文字をクリックすると 英語音声が聞こえます – Courtesy by Merriam Webster Learner’s Dictionary

基本パターン: tip /ˈtɪp/ – tap /ˈtæp/ – top /ˈtɑːp/

基本パターン(語尾): hot /ˈhɑːt/ – net /ˈnɛt/

母音に挟まれた T: T の前後に 母音があると、無声子音の T は 有声子音 の D (弱いD)に変わります: water /ˈwɑːdɚ/ – butter /ˈbʌdɚ/ –  put in /ˈPudin/

N の後に来る T の音が 消える (カジュアルな英語):  interview /ˈɪnɚˌvjuː/ – twenty /ˈtwɛni/ – winter /ˈwɪnɚ/ 

N の前に来る T の音が 消える (カジュアルな英語) – T が消え N の音が強くなります: often /ˈɑːfən/ – mountain /ˈmaʊn-n̩/ 

T + R の音 T が チュ /tj/ になります (カジュアルな英語): truck /ˈtjrʌk/

フォニックス・チャートを活用して 音声チェックしよう!